スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断水

  • 2011/03/17 20:48
  • Category: days
今日の朝9時頃に水が出たのですが、お昼前に再び断水しました。
朝の時点で(調子にのって)お風呂に入ってしまったので、水のストックが減ってしまった;
断水後回復したからと言って、安心するのはまだ早いということですね・・・。

原発に関連して、せっかくの救援物資・石油関連物資が、福島県(特に原発周辺地区)に届かない状態らしいです。
安全面の懸念から近付きたくないらしい。
あの原発で発電した電力は、福島でも、東北でもなく、東京電力供給範囲内で消費されるものでした。
誰でも怖いと思うし、運搬業者を責めることはできないけど、でも、どうか助けて下さい。
地震から、津波から生き残った命が、物資不足から亡くなることがないように、どうか、助けて下さい。

原発の現場で作業してる方、ご家族の方を思うと泣きたくなります。


同じCMばかり流れていますが、あの金子みすゞの詩、好きです。


■■ 断水のときに便利な何か ■■
・水のタンク、空ペットボトル、大きなバケツ
  給水場所から水を貰ってくるとき、水を再利用するとき

・ラップ、牛乳パック
  お皿洗う水の節約、牛乳パックはまな板代わりに使う

・化粧水ストックとコットン
  洗顔の代わりに、化粧水をしみこませたコットンで顔を拭う

・化粧落としシート
  水を使わずに化粧を落とす

・おりものシート
  洗濯できないので、下着を使いまわさなくてはいけない時に便利

・ウエットティシュ
  色々便利

・近所の温泉情報
  歩いていける範囲内の温泉だと、ガソリンも消費しない。
  源泉かけ流し、源泉温度が余り高くなく(注水の必要が無い)、
  低くもない(加温の必要が無い)ところがさらに良いと思う。

・近所の井戸水、湧水、清水情報
  水道以外の水源も確認しておくと安心。
  こっちでは、井戸水が出るお宅やお寺などの一部が、善意で開放してくれています。

・地震直後、断水したかもしれないという危機感
  マンション・アパートなどの集合住宅だと、大きな貯水タンクがあるので、断水したことに
  気付くのが遅れ、初期行動(バスタブに水を溜める、飲料水の確保など)が遅れがちになります。
  飲料水は給水場が設置されれば心配ないのですが、トイレ用水などに、その貰ってきた飲料水を
  使用するのはもったいないので、バスタブに水をためるのはできれば必要かと。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://le.blog11.fc2.com/tb.php/428-63113979

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

master

芹

arcive

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。