スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月に読んだ本

今月少ないような。

■ 乙一
・箱庭図書館

■ 海堂 尊
・アリアドネの弾丸

どうしてもMRIをNMRと読み間違える。原理的には同じなんだろうな。
NMRの部屋の雰囲気が怖くて、実験で入室するたびドキドキしたことを思い出した。
最後の不穏な空気が後味悪い・・・・・・でんでん虫。

■ 辻村深月
・スロウハイツの神様(上)(下)

上巻はゆっくり読んでたけど、下巻は1日で読んでしまった。
スロウハイツの名前の由来に感動(福島県民)。
こうちゃんの恋心に切なくなった。

■ 畠中 恵
・こころげそう

タイトル、心げっそりっていう感じがしたんだけど、漢字で書くと「心化粧」だった。漢字のほうがいいような。

■ 宮部みゆき
・ばんば憑き

収録作のうち、私が好きなのは「坊主の壺」「博打眼」「野槌の墓」。最後に救いがあるというか、優しさがあるいというか、かわいいところがあるのが好き。他の三作は怖ろしさや人間の黒い部分が目立つ。


あとは
・日本人の知らない日本語2

ためになるよね。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://le.blog11.fc2.com/tb.php/476-d299c03a

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

master

芹

arcive

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。