スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年

  • 2012/03/30 23:30
  • Category: days
長いようで短い1年。

新聞のお悔やみ欄をみると、今でも時々、去年の3月11日付で亡くなったかたの情報が掲載されていたりする。
見つかったのか、それとも遺族の区切りの為か。
見かけるたびに切なくなる。

最近私がお風呂に入っているときに大きめの地震が来ることが多い。
震度4とか。
でも変に慣れちゃって、このくらいなら大丈夫~とのんびりしてしまう自分達に危機感。
防災意識を高めねば!
でも、もう一生、あんな揺れは経験したくないなぁ。
我が家にも東電の自主避難等の賠償金支払いに関する書類が来ました。
家族はみんな成人していて、妊婦さんもいないので、一律8万円。

県外に行くときとか少し怖い。
被害妄想なのはわかるけど。
この前、大学の研究室メンバーと新年会したとき、「私が行っても大丈夫か」って聞いてしまった。
もし(私の知らない下の学年の子とかに)妊婦さんがいて、放射線とかすごく気にするタイプだったらどうしようとか。

郵便物を出すのも実は怖い。
怖くて聞けない。
「気になるのなら捨てて下さい」の一言をどうしても書けない。
「気にしないよ」「そう思うなら送ってくるなよ」
相手にどう思われているか推し量るのも怖い。
だから平気なふりをしている。
普段通りに。今までどおりに。

私が気にしすぎなんだろうな。
そうでありますように。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://le.blog11.fc2.com/tb.php/502-310c2c77

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

master

芹

arcive

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。